子どもたちよ、前へ!

 新しい環境はどうだろう。

 期待に胸を膨らませている子もいれば、不安で心暗く沈んでいる子もいるだろう。新学期、新学年だからといって、みんなが明るい表情になれるとは限らない。とりわけ人付き合いの苦手な子はそうだろう。できれば、元気溌溂、縦横無尽に未知の体験にチャレンジして欲しいと思うけれど、それを押し付けるつもりはない。「頑張れ!」と常に励ましているけれど、少しずつ慣れることが自分にとって一番よい方法だと思えば、そうするべきだ。人それぞれだと思う。

 出だしがいいことにこしたことはない。しかし、出だしがうまくいかないからといって焦る必要はない。終わりよければすべてよし、ともいう。一喜一憂せず、前へ進んでほしい。粘り強く誠実に取り組んでいれば、必ず突破口はひらける。

 まず、現実のプラス面もマイナス面も冷静に受け入れること。見たい現実だけ見てはいけないし、受け入れ難い現実があるからといって感情的になってもいけない。できることをできる範囲内でやりきるための戦略を正しく練ることだ。

 目標が定まれば、日々の生活は、目標達成のための過程になる。いかに限られた時間を有効に使うか、合理的に行動できるかどうか、という現実的な選択の問題になる。

 正しい選択をしたつもりでも、結果がともなわないこともあるだろう。その時こそ、人は試されている。愚直にひたむきにやりきることができるかどうか、鋭く試されている。愚痴もいいたくなるだろう。うまくいかないことを他人のせいにしたくなるだろう。子どもが耐えなければならない負荷は、大人が想像している以上に大きいことがよくある。耐えられない時は相談してほしい。何かいい知恵を提供できると思う。共有できる課題をみつけ、協同作業で改善できることもあるはずだ。

 しかし、その試練を乗り越えられるかどうかは、最終的に本人自身の取り組み方に依る。誰も代わりを務めるわけにはいかない。とにかく、焦らずおおらかにやることだ。百戦して百勝できるわけがない。五十一勝四十九敗も、たぶん望めない。九十九連敗しても、最後の一勝にかけるぐらいの気持ちでいけばいい。

 だから、子どもたちよ、前へ進め。

 

 

 

明日は桜を

おかげさまで春期講習が終了します。

ご支援ありがとうございました。

明日はお休みです。

明後日から平常授業にもどります。

 

2016年度の合格実績です。(遅くなってすみません)

■中学入試

 広大附属福山中     1名

 県立広島中       1名

 市立福山中       2名

 近大附属福山中(難関) 5名

        (文理) 2名

 暁の星女子中      1名

 盈進中         1名

 

■高校入試

 広大附属福山高校    2名

   岡山白陵        1名

 誠之館高校       3名

 大門高校        1名

 広島商船高専      1名

 近大福山高       4名

 

■大学入試

 岡山大学(農)     1名

 明治大学(農)     1名

 龍谷大 (法)     1名

 関西学院大学 (文)  1名

 阪南大学 (国際)   1名

 

 ひとつひとつの数字に、語り尽くせないさまざまな思いが詰まっています。

 また、いつか折にふれてご紹介できれば、と思っています。

最強寒波襲来ですが、、、

明日は、小学生の1月学力試験があります。

積雪、路面の凍結等、いろいろ心配ですがよろしくお願いします。

 

高校1,2年生の試験は中止します。

小6・中3の受験生の直前演習に集中したいので予定を変更して授業内実施にします。

 

センター試験をチャレンジしている人。

うまくいった人もうまくいかなかった人も、気持ちを切り替えて明日に全力を尽くそう。

チャンスは、精一杯頑張ている人の前にしか転がってこないのだから。

あれもしたい、これもしたい

と思わずにはいられないのが冬の講習。

 

優先順位を決めるの簡単なことではない。

 

学習内容をいかに絞り込めるか、それが成功の秘訣。

 

伸びしろをどこに見つけるか、受験生ひとりひとりに考えて欲しい。

 

わからなければ相談に来てほしい。

 

さて、明日も全力投球だ。

 

冬期講習会が始まりました。

受験生にとって終わりの始まり。

 

高らかに吹き渡るファンファーレも厳粛な儀式もなく、「じゃぁ始めよう」の一言で今年も冬期講習会がスタートした。

 

実り多い講習会にしたい。

子どもらに、まっとうな学力を授けたい。

揺るぎない自信と困難に立ち向かう勇気を手にしてもらいたい。

 

がんばれ、受験生。

いよいよだ。

12月15日(木)にメールをいただいたT様

メールありがとうございました。

返信いたしましたが、受信拒否で不達状態です。

おそらく、携帯のメール受信設定が原因と思われます。

迷いましたが、そのまま放置するのも失礼だと考えましたので、返信内容を以下に引用いたします。

 

以下引用

 

T******* 様

 

ご連絡ありがとうございます。

 

たいへんごもっともご意見だと思いました。

ご本人が、子どもなりに納得してから始めるのが中学受験だと思います。

たぶん、子どもひとりひとりその時期は違っていて、親や塾講師から押し付けられるものではない、と思います。

彼にその時が来て、そして、もし、またご縁がありましたら、是非ご連絡ください。

 

お子様の健やかな成長を心からお祈り申し上げます。

 

LEC 村上

 

 

 

お礼・お詫び・訂正

 この土・日の懇談予定の延期をお願いした保護者の皆さま、あらためてお礼申し上げます。

 昨日午後の授業だった中3の生徒の皆さま、あわただしく内容を変更してすみませんでした。

 村上をとりまく私的な状況がたいへん流動的だったので、暫定的に「お休み」や変更をお願いしていましたが、次の通り確定します。以後、これに変更と修正はありません。

 

 1) きょうと明日、5日・6日の授業・特訓(中3F)は予定通り行います。

 2) 7日(水)の村上担当の授業・特訓をおやすみします。

   高校初級Bのみ授業をおこないます。

 

 小6の特訓と授業について

  昨日、「5日・6日は休みにする」、と言いました。撤回します。

  今日と明日はいつも通りやります。

  特訓指名の生徒はいつもどおりきょうも来てください。

  明日は、全員、普通に授業をします。

 中3F

  午後10:00からの特訓はきょうもやります。

 振替の生徒

  小4の授業振替・再テストがある生徒は、きょう予定通り5:00から来てください。

 

 一連の予定の変更・修正で、保護者の方々にも、生徒の皆さんにもご迷惑をおかけしています。

 心からお詫び申し上げます。

 よろしくご協力ください。